前へ
次へ

肝斑は医療機関で治療を受けて改善しよう

30代以降の女性に多いのが、肝斑に関する悩みです。
自宅で行う美白ケアでは改善できないため、気になるときは医療機関を受診するのが基本です。
医療機関で行う肝斑の治療は、トラネキサム酸やビタミンCの内服薬で行われることが多いようです。
さらに、症状によってはハイドロキノンやトラネキサム酸が配合された外用剤を使って治療を行う場合もあります。
また、医療機関によっては、内服薬や外用薬に加えて、ピーリングやイオン導入といった施術も行います。
また、近年はQスイッチレザーを使用したレーザートーニングという治療が行われることも多くなったと言われています。
事前に専門医がお肌の状態を診察して、一人ひとりに最適な方法で肝斑を治療してくれますので、気になっているときは医療機関を受診して専門医に診てもらうとよいでしょう。
ちなみに、肝斑の治療は美容皮膚科や美容外科といった美容クリニックを受診することで、幅広い治療法の中から自分に合う治療が受けられます。

Page Top