前へ
次へ

手術を受ける時には不安を和らげる事が大事

病気や怪我になって手術を受ける時には、当然不安があります。
無事に成功するのか、成功すればまた元気よく生活を送る事が出来るのかなど考えてしまいます。
不安な気持ちのまま手術を受けるとちょっと気持ち的にネガティブになってしまいあまり良くないので少しでもこの不安を和らげる事が大事です。
例えば、病気や怪我が完治したら何しようか、早く手術して楽になりたいというようにポジティブになると不安が少しずつ和らぐ可能性があります。
また、周りの人も患者の不安を和らげる事が大事です。
例えば家族が応援するのも大事ですし、医師や看護師も患者をリラックスさせるような言葉をかけてあげる事も大事です。
周りの協力と自分の気持ち次第では手術による不安がほとんどなくなって前向きに手術当日を迎える事が出来るので気持ちの部分でリラックスした状態で手術を受ける事が出来ます。
特に大がかりな手術になるほど患者は気持ちが不安定になるので上手く周りがフォローする事が大事です。

Page Top