前へ
次へ

大人ニキビで悩んでいるときは婦人科に相談してみよう

ニキビは若い世代にできるイメージがありますが、実は大人になってからもニキビに悩まされてしまうことがあります。
若い世代は余分な皮脂が原因になっていることが多いですが、大人のニキビはホルモンバランスが乱れることでできることが多いと言われています。
エステや皮膚科を受診してもニキビが改善されないときは、婦人科を受診するのも一つの方法です。
婦人科では、ニキビで悩む女性に低用量ピルや漢方薬を処方してくれます。
特に低用量ピルは服用すると1か月後からお肌に変化が表れやすいと言われています。
どうしても低用量ピルに抵抗がある場合は、漢方薬を処方してもらうようにお願いすれば、ニキビに効果的な漢方薬を処方してくれます。
漢方薬は穏やかに作用するのですぐには効果が実感できませんが、ニキビができにくい体質に導いてくれるので注目です。
ちなみに、漢方薬は皮膚科でも処方してもらえます。
婦人科を受診するのが難しい場合は、まずは皮膚科で漢方薬に関する相談をしてみるとよいでしょう。

Page Top