前へ
次へ

医療機関ではシミを塗り薬で治療する場合があります

シミを医療機関で治療すると言えば、レーザー治療を思い浮かべる人が多いかもしれません。
でも、医療機関ではシミの状態を診て、塗り薬や内服薬でシミを治療する場合があります。
たとえば、レーザー治療が適応されない肝班や、炎症後色素沈着は塗り薬や内服薬を使用した治療が行われます。
現在は、メラニンの生成を抑制するハイドロキノンや、新陳代謝を活発にするレチノイン酸が配合された塗り薬を使用することが多いようです。
さらに、必要に応じてビタミンCが配合された内服薬を処方してくれます。
また、医療機関の中には、シミに効果的な成分が配合された化粧品を取り扱っているところもあります。
ビタミンC誘導体が配合されているローションなど、外用薬と組み合わせて使用できる化粧品を取り扱っているところが多いので、シミの治療に訪れたときはホームケアに関する相談もしてみましょう。
ちなみに、以前レーザー治療を受けたにも関わらず、シミの治療が上手くいかなかった場合も、塗り薬で治療が可能な場合があります。
気になるときは医療機関を受診して、早めに相談すると悩みを解消できます。

Page Top